一般公開の中止が決まった春の九年庵=2019年5月3日、神埼市神埼町

 佐賀県神埼市と市観光協会は20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日から5月1日まで予定していた神埼市神埼町の国名勝「九年庵」の一般公開を中止すると発表した。今春は公開する予定だったが、近隣の県での感染が拡大していることや、県内でも変異株の感染が広まっていることなどを考慮した。

 公開に向けて19日に開いた役員会議で、感染状況を懸念する声が多く上がり、一転して中止を決めた。市商工観光課の担当者は「新緑を多くの人に楽しんでいただきたかったが、観光客やスタッフの安全などを総合的に考えた」と話した。

 一般公開は春と秋の年2回実施している。昨年は新型コロナの影響でいずれも中止していた。春は1日平均3000人の観光客が訪れ、県外からが8割以上を占めている。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加