佐賀県内最大の労働団体「連合佐賀」(井手雅彦会長)は20日、第92回メーデーに伴う県内の集会を、全て中止することを決めた。県内で新型コロナウイルスの感染確認が最多を更新したことを踏まえた。集会の中止は2年連続になる。

 佐賀県中央メーデーは、参加者数を例年の10分の1に抑え、29日に佐賀市のアバンセで、県内三つの地域協議会も24~29日に計4カ所で、それぞれ集会を開く予定だった。事務局は「参加者の安全を考慮した」と話し、代替措置として新聞広告などでメーデーの周知を図るという。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加