出品された花きを見る審査員=佐賀市鍋島町の佐賀花市場

出品された花きを見る審査員=佐賀市鍋島町の佐賀花市場

出品された花きを見る審査員=佐賀市鍋島町の佐賀花市場

 佐賀県内の花き生産者が栽培技術を競う「第54回佐賀県花き園芸共進会」(県、JAグループ佐賀園芸特産振興協議会、県花き生産団体連合会主催)が19日、佐賀市の佐賀花市場であり、山口庄次さん(鹿島市)のキクが最優秀賞の農林水産大臣賞に輝いた。入賞作品13点は県庁県民ホールで23日まで展示している。

 切り花が100点、枝物と鉢物が1点ずつ出品され、見た目や色の美しさ、丈のそろい具合などを審査した。山口さんのキクは県が開発した新品種「ロゼバルーン」で、高い技術に加えて花弁にネットをかぶせるなど手間をかけて美しく育て上げた点が評価された。

 生産局長賞は山口豊喜さん(佐賀市)のカーネーション、九州農政局長賞は島俊哉さん(同市)のバラ、県議会議長賞は白浜学さん(白石町)のデルフィニウムがそれぞれ受賞した。県園芸課は「どの品種も素敵なものばかりで感動する。優れた花が見られる機会で、その技術を見に来てほしい」と話す。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加