鹿島市は19日、市内の明倫小(442人)の給食の汁物に約1センチの大きさの小石が混入していたと発表した。口にした児童が気づいた。学校側は、放送で全児童に汁物を食べないように呼び掛け、回収した。既に食べていた児童もいたが、体調不良の報告はないと説明している。

 市教育総務課によると、汁物はジャガイモやタマネギを使ったすまし汁。小石が混入した原因は分かっていない。経緯とおわびを記した保護者宛ての文書を児童に配布した。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加