枝豆の収穫を体験する家族連れ。「ほんなもんぼ体験学校」の参加者を募集している=佐賀市巨勢町(同市提供)

 佐賀市は家族向けの農業体験「ほんなもんぼ体験学校」の参加者を募集している。5月30日から10月31日までの年6回、無農薬や無化学肥料で栽培する環境にやさしい農業の魅力を伝える。

 佐賀市のNPO「元気・勇気・活気の会」が有機農業の基礎を教える。5月30日午前9時に開校式を開き、巨勢町の「環境にやさしい圃場(ほじょう)」でサツマイモやサトイモの種付けを行う。田植えや枝豆の種まき、稲刈り、生き物観察なども予定する。活動は月1回で、カレーや豚汁、おにぎりの振る舞いもある。

 参加費は1人3千円(同伴する子ども3人まで無料)。家族全員の氏名や年齢、住所、電話番号を記入してはがきやファクス、電子メールで申し込む。5月18日締め切り。

 問い合わせは農業振興課、電話0952(40)7116。ファクスは(40)7391。電子メールはnogyoshinko@city.saga.lg.jp

(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加