来場を呼び掛ける佐藤健一郎さん(右)ら実行委員会のメンバー=神埼市の神幸館

 グルメを満喫できる「第3回かんざき神幸(かみさち)食フェスタ」が24、25の両日、神埼市神埼町の長崎街道門前広場で開かれる。神埼市を中心に県内各地から約20の飲食店が集い、新型コロナウイルスの感染対策を講じて繰り広げる。

 地元の飲食店や酒屋、商工会青年部などでつくる実行委員会が主催し、多彩な料理のほかお酒やスイーツなども販売する。演奏やダンスなどステージイベントもある。実行委員長の佐藤健一郎さん(44)は「飲食を通してにぎわいを生み出したいと思ったのが始めたきっかけ。感染予防も徹底していて、盛り上がってもらえれば」と話す。

 フェスタの開始は24日が午後4時、25日は午前11時で、両日とも午後8時まで。1セット2千円で2200円分購入できるお得な前売り券を会場周辺の神幸館で23日まで販売している。問い合わせは神幸館、電話0952(20)2510。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加