気象庁は19日、防災気象情報の伝え方に関する有識者会議を開いた。線状降水帯の形成を盛り込んだ「顕著な大雨に関する気象情報」を新たに発表する案を了承。この情報は、今年の梅雨期から運用開始する見通し。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加