米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る訴訟で、初めての司法判断が示された。埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長雄志知事の対応を「違法」と認めて撤回するよう促した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加