九州新幹線長崎ルートの新鳥栖―武雄温泉間に関し、全線フル規格化に向けた遊説をした「県フル規格促進議員の会」=佐賀市兵庫北

九州新幹線長崎ルートの新鳥栖―武雄温泉間に関し、全線フル規格化に向けた遊説をした「県フル規格促進議員の会」=佐賀市兵庫北

 佐賀県フル規格促進議員の会が18日、九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化に向けて県民の機運を高めようと、佐賀市や武雄市の大型商業施設前など9カ所で遊説した。県の財政負担軽減や、在来線の維持・充実など有利な条件を引き出すためにも、国やJR九州との議論を進める必要があると訴えた。

 県関係の自民党国会議員らがフル規格推進をテーマに遊説するのは初めて。今村雅弘衆院議員(比例九州、鹿島市)は在来線の利便性が低下するとの懸念に対し、「福岡都市圏への快速列車運行などで在来線を充実させる」と強調、県の財政負担についても「国の交付税措置を最大限活用して軽減できる」とした。

 県が全線フル規格に反発していることを念頭に、今村氏は「反対だけでは物事は進まない。マイナス点を克服し、プラスに変えていくのが政治の役割だ」と主張した。

 岩田和親衆院議員(比例九州、佐賀市)も「国やJR九州、長崎県から材料を引き出し、佐賀県の負担を下げることができる」と訴えた。記者団には次期衆院選においても「(新幹線は)大事なテーマになる」との認識を示した。

 古川康衆院議員(比例九州、唐津市)は「多くの地域が新幹線を建設したくてもできないのが現状だ。千載一遇のチャンスをものにして未来の子どもたちにあの時、造ってよかったと言われるようにしたい」と力を込めた。

 議員の会は、新鳥栖―武雄温泉間をフル規格で整備することを求める議員有志らで構成している。

このエントリーをはてなブックマークに追加