佐賀県内の感染状況(2021年4月18日現在)

 佐賀県は18日、10代~60代の男女計10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。クラスター(感染者集団)が発生した唐津市京町のスナック「ラブリン」関連で新たに5人の感染が分かり、県は「今月1日以降に利用した人は体調不良がなくても唐津保健福祉事務所に相談してほしい」と呼び掛けている。県内の感染確認は延べ1337人になった。

 「ラブリン」関連で新たに陽性が確認された5人の内訳は経営者の唐津市50代女性、従業員の同市20代男女3人、利用客の武雄市20代男性。17日に判明した利用客の伊万里市20代男性と合わせ、計13人(従業員6人、客7人)となった。

 18日に感染が分かった佐賀市の60代男性は県職員だった。

 17日に発表した18人の概要も説明した。伊万里市の40代女性は16日に感染が分かった有田町の30代男性と同じ県内の高齢者福祉施設の職員だった。唐津市の20代女性はクラスターが発生している唐津市のスナック「パピオン 青山ビル店」を利用し陽性が確認された利用客の知人だった。

 18日に発表された感染者の内訳は次の通り。

 【佐賀市】60代男性【唐津市】20代男性、50代女性、20代女性2人、30代男性【武雄市】20代男性、60代男性【伊万里市】10代女性、40代女性

【関連記事】

佐賀県内18人感染 新年度で一番多く 4月17日発表

唐津のスナックでクラスター 6人の感染確認 16日発表

佐賀県内9人感染 唐津のクラスター関連、2人増え21人に 4月14日発表分

 
このエントリーをはてなブックマークに追加