18日午前9時5分ごろ、唐津市鎮西町の加唐島付近の海上で「人がうつぶせで浮いている」と瀬渡し船から唐津海保に通報があった。福岡市南区の男性(83)が約20分後に救助されたが、意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は溺死。

 唐津海保によると、男性は同日午前4時50分ごろ、瀬渡し船で加唐島の磯場に渡った。別の磯場にいた釣り客が海上に釣り道具が浮いているのを見つけ、瀬渡し船の事務所に連絡。その後、船長が男性を発見した。現場は当時、強風波浪注意報が出ていた。転落の原因については調査中としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加