ストライカーの鋭い“嗅覚”が歓喜を呼び込んだ。1-1の後半17分。敵陣深く攻め込んでいたサガン鳥栖U-18のFW二田理央はビルドアップを図った相手ボールに鋭く反応。インターセプトし勝ち越し弾を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加