鳥栖-名古屋 前半、先制ゴールを決めて喜ぶ鳥栖FW林大地(右)=愛知県の豊田スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第10節最終日(アジア・チャンピオンズリーグの日程変更に伴う変則日程)の18日、愛知県の豊田スタジアムで2位の名古屋グランパスと対戦。前半にFW林とMF酒井がゴールを決め、2―1で勝利した。鳥栖は名古屋のJ1連続無失点記録を9で止めた。通算成績を6勝2分け3敗(勝ち点20)とし3位に浮上した。

 鳥栖は前半6分、酒井の左からのクロスを林が頭で押し込み先制。45分には酒井が中央から右足で蹴り込み2点目を奪った。後半も守勢に回ることなく攻め続けたが、40分に1点を献上。終盤攻め込まれたが、GK朴、DFエドゥアルドらを中心に守り切り、そのまま逃げ切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加