鳥栖署は17日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、自称福岡県久留米市国分町のアルバイト従業員の男(27)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後5時50分ごろ、鳥栖市田代外町の市道で、酒気を帯びた状態で軽トラックを運転した疑い。同署によると、当て逃げ事故の捜査をしていた警察官が、荷台のへこんだ軽トラを見つけた。運転していた男から呼気1リットル中0・45ミリグラムのアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加