新型コロナウイルスの変異株に対応するため、佐賀県内の遺伝子検査の態勢整備を目指す「佐賀県遺伝子検査ネットワーク」が23日、発足する。県内の臨床検査技師や医師ら約20人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加