入学生を代表して宣誓する大西光憲さん=佐賀市文化会館

 シニア世代の生きがいづくりや地域社会を担う人材の育成を目指す「ゆめさが大学」の入学式が15日、佐賀市文化会館であった。59歳から89歳までの454人が尽きない向学心を胸に、生涯学習への志を新たにした。

 学長の山口祥義知事は「仕事や地域、年齢を越えた新しい仲間との絆を深め、学び合い、貴重な学生生活を存分に満喫して」とあいさつ。入学生を代表し、鳥栖校の大西光憲さん(68)=鳥栖市=が「新たな仲間とともに学習に取り組み、健康に気を付けながら豊かな人生を目指す」と宣誓した。

 大学は佐賀、唐津、鹿島、鳥栖の4校で、2年間の「基礎課程」に288人、佐賀と唐津にある1年制の「大学院」に166人が入学した。ふるさとの歴史、文化などを学び、卒業後の地域活動を見据えた体験学習にも取り組む。開学31年目を迎え、これまでの卒業生は6600人を超える。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加