名古屋・栄を歩くマスク姿の人たち=16日午後

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が追加適用された愛知県は17日、コロナ感染症対策本部員会議を開き、飲食店への時短営業要請などの対策を正式決定した。医療関係者からは「変異株患者の割合が増えており、今後急激な感染増加が起こる可能性がある」と厳しい認識が示され、緊急事態宣言の準備を求める声も上がった。

 国立病院機構名古屋医療センターの長谷川好規院長は、大阪や兵庫と同じような患者の増加が起こり得ると指摘。県医師会の柵木充明会長も「今のうちに最大限の感染防止策をとる必要があり、緊急事態宣言の要請準備もすべきだ」と訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加