板を張り合わせた高強度のパネルを壁や屋根に使った特殊な工法で建てた陶芸工房が武雄市山内町に完成した。パネルが構造材として柱やはりの役割を兼ねるため、施工が容易で、断熱性なども高まる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加