春の一般公開(2019年撮影)

 国の名勝に指定されている九年庵(神埼市神埼町)が29日から5月1日まで一般公開される。春と秋に例年実施してきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響でいずれも中止しており、約1年半ぶりの公開となる。

 九年庵は紅葉の名所で、佐賀出身の実業家・伊丹弥太郎が築造した。9年の歳月をかけたことが名前の由来になっている。秋は1988年から、春は2010年から一般公開している。春は新緑の淡い色合いや躍動感が楽しめる。

 午前8時半から午後4時まで公開し、美化協力金として高校生以上は400円が必要になる。駐車場は仁比山公園にあり、料金は1台500円。新型コロナの感染状況によって公開を中止する場合もある。

 問い合わせは市商工観光課、電話0952(37)0107。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加