定例会見で、オスプレイ配備計画などへの所感を述べた山口祥義知事=佐賀県庁

 佐賀県の山口祥義知事は16日の定例会見で、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局が配備候補地の地権者が所属する県有明海漁協南川副支所で3月下旬に開いた事実上の地権者説明会に関し「防衛省には関係者との信頼関係を損なわないよう誠実に対応してほしい」と述べた。

 九州防衛局はノリ漁期が終わる4月下旬以降に地権者説明会を開く方向で南川副、早津江、大詫間、広江の漁協4支所と調整を進めていた。これに先立ち南川副支所で説明会を開き、土地の買収額や振興策を提示したことで関係者の反発を招き、広瀬律子局長が漁協に陳謝する事態となった。

 山口知事は「大前提として、事業主体の防衛省が自らの責任において話を進めるのがまっとうな姿だ」との認識を示し「漁業者、地権者の信頼を得ていくことが大切。信頼関係を損なわないようにしてほしい」と強調し、防衛省の対応にくぎを刺した。

 ノリ漁期明けの地権者説明会に関し「具体的な日程や方法については防衛省と4支所で調整中と聞いている。県に何か要請があればしっかり対応したい」と話した。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加