第2次安倍改造内閣に対し、県内の政党は連立与党の自民、公明が「安定内閣」と政策推進に期待する一方、民主や共産など野党は「軍事拡大路線」と右傾化を警戒する声を上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加