バイデン米大統領(左手前)との会談に臨む菅首相(右手前から2人目)=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)

 菅義偉首相、バイデン米大統領(ロイター=共同)

 会談後、共同記者会見に向かう菅首相(左)とバイデン米大統領=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)

 【ワシントン共同】菅義偉首相は16日午後(日本時間17日午前)、バイデン米大統領とホワイトハウスで初めて対面で会談した。両首脳は会談後、共同声明を発表し、中国が覇権的動きを強める台湾海峡を巡り「平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。東シナ海での一方的な現状変更の試み、南シナ海での不法な海洋権益主張に反対すると強調。香港、新疆ウイグル自治区の人権状況に「深刻な懸念を共有する」と盛り込んだ。気候変動や新型コロナ対策での連携も確認した。

 日米首脳の共同文書で台湾に言及するのは、1969年の佐藤栄作首相とニクソン大統領の会談以来。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加