「風の神様」を祭る山頂の祠

 みやき町の山城「綾部城址」は、春は桜やツツジが人々の目を楽しませ、細く急峻な坂道を登った山頂には“風の神様”を祭る祠があります。

 綾部城は、綾部神社西にある宮山城をはじめ周辺の支城・少弐山城、白虎城、臥牛城、上峰町の鎮西山城等々を含めた総称で、綾部氏は有明海沿岸までに及ぶ広大な所領を持っていました。

 1187年に藤原道長の血を引く藤原通俊に綾部荘が与えられ、綾部四郎太夫通俊と改名しました。地域の名物「綾部のぼた餅」は、通俊が奥州征伐の遠征の際に兵士に配ったのが始まりといわれています。

 室町時代に足利一門の渋川満頼が博多への間道を抑える要所とし、九州を統括する「九州探題」と肥前守護を兼任した渋川氏の代々の居城となりました。(地域リポーター・橋本美雪=みやき町)

このエントリーをはてなブックマークに追加