「かしまこどもフェス」が5月5日、鹿島市生涯学習センターエイブルで初めて開かれる。「こどもの日」に合わせ、タレントのつるの剛士さんらを招き、子育てをテーマに意見交換する。おゆずり会や親子で遊べるさまざまな体験コーナーもある。

 つるの剛士さん、山口祥義佐賀県知事、子育て世代の中林正太さん(嬉野市)のパネルディスカッション(午後2時から)への参加は、21日までに事前の申し込みが必要となる。エイブルのウェブサイトを通じて受け付けている。

 会場では、絵本の読み聞かせ会やマグカップの絵付け体験(1個2000円)などもある。

 イベントの発起人で鹿島市出身の小児科医の森田駿さん(34)は「子どもたちが健やかに成長する地域づくりに貢献できれば。親子で笑顔になれる1日に」と話す。

 入場無料。午前10時から午後5時まで。問い合わせはエイブル、電話0954(63)2138。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加