東松浦郡玄海町は、新型コロナウイルスの影響を受けた町内の飲食店に対し、最大100万円を補助する。16日に開かれた町議会定例会4月会議で、事業費1180万円を盛り込んだ一般会計補正予算案が可決された。

 町飲食業組合に加入するか町内で飲食店を経営する24事業者のうち、通常の月間売り上げが法人は20万円以上、個人は15万円以上の事業者が申請できる。財源には国の新型コロナ対策の交付金を活用する。

 少なくとも20万円を支給し、新型コロナの影響がなかった直近の年度と20年度を比較した減少分について、売り上げと所得のいずれかの9割の額が高ければ、そちらを支給する。上限は売り上げが50万円、所得は100万円になる。11月末まで申請を受け付ける。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加