海況異変が続く有明海の再生に向け、佐賀や長崎など沿岸4県の知事が協議する場の設置が4日、決まった。意見が対立する国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査問題には触れない前提で、ようやく設置にこぎ着けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加