定例会見で、新型コロナウイルス対策などへの考えを述べる山口祥義知事=県庁

 新型コロナウイルスの感染が広がる中で迎える大型連休の県境をまたぐ往来について、佐賀県の山口祥義知事は16日、首都圏や関西圏からの帰省の自粛を要請する方向で検討していることを明らかにした。「今の感染状況のまま推移すれば『帰省は慎重に』と呼び掛ける可能性がある」とした。正式には今後の対策本部会議でメッセージを出す。

 山口知事は記者会見で、改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」が適用されている首都圏や関西圏を念頭に「変異株の拡大をいかに封じ込めていくかを考える中で、今の状況をみると『帰省は慎重に』と言わざるを得ないと分析している」とした。

 東京、大阪の両知事が他地域との往来自粛を呼び掛けていることに触れ、山口知事は「基本的には同じ形で呼び掛ける可能性が十分にある」とし、「佐賀の学生たちが多くいるので、申し訳ない気持ちもある」と述べた。

 聖火リレーについては、「今の時点で県内の感染は抑えられており、実施する方向で進めている」としつつ、変異株の感染状況などに応じて判断していく考えを示した。(栗林賢)

【関連記事】

「こちら さがS編集局(こちさが)」アンケート実施中(回答期限:4/21 13:30)

こちさがアンケート
このエントリーをはてなブックマークに追加