2016年の熊本地震を機に、住宅の耐震診断や改修を促す補助制度が佐賀県内の全20市町に広がる一方、制度の利用が伸び悩んでいることが、県のまとめで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加