社会問題化している危険ドラッグの青少年(18歳未満)へのあっせんなどを規制強化するため、佐賀県は5日、青少年健全育成条例の一部を改正する方針を明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加