物語に耳を傾けて

 「みなさん、こんばんわん。月曜夜9時。『レディオワン』の時間です。」
 ひょんなことから、人の言葉を話せるようになった、犬のジョン。そんな彼(かれ)がラジオ番組のDJとなって、リスナーからのお便りを読んだり、お便りに沿(そ)った曲をかけたりします。特にフリートークは、犬の気持ちがよくわかると評判(ひょうばん)です。
 しかし、DJジョンが本物の犬だということは、ラジオディレクターの西園寺(さいおんじ)さんと番組のスタッフしか知りません。
 そんなちょっと不思議な犬、ジョンがお送りする「レディオワン」。今夜もまた、DJジョンが人間たちに語り掛(か)けていく。
 はなしのテンポがよく、本当にラジオを聴(き)いているかのような心地良(ここちよ)さがある作品です。また、フリートークのシーンでは、日常(にちじょう)の生活を犬の視点(してん)から語っており、はっと気づかされることもあります。
 ラジオを聴く時のように、物語に耳を傾(かたむ)け、じっくりと読みたい一冊(さつ)です。(司書ネットワーク課 阿比留大貴)

 【ほかにもこんな本をおすすめ!】
▽希望、きこえる?
 榮谷 明子/著(汐文社)
▽どろぼうのどろぼん
 斉藤 倫/著(福音館書店)
▽とうだい
 斉藤 倫/文 小池 アミイゴ/ 絵(福音館書店)

 

 【図書館へ行こう】
 紹介している県立図書館の本は、皆さんが住んでいる市や町の図書館からも借りることができます。本の世界に触れてみてください。問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。

このエントリーをはてなブックマークに追加