中山間地での転作作物として注目を集める飼料米について学ぶ研修会が、佐賀市の三瀬公民館で開かれた。県やJAの担当者ら約70人が、2009年産から専用品種の栽培に取り組んでいる先進事例に学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加