米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは15日、突然の社長交代といった東芝の経営を巡る混乱について「業績の安定性に悪影響を及ぼす可能性は否定できない」とのコメントを発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加