JR鳥栖駅周辺の飲食店と県内の蔵元が連携して昨年始めたはしご酒イベント「とすKappo」。このタイトルの名付け親で、キャッチコピーなどを担当したのは、鳥栖市在住のコピーライター岡優一さん(29)です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加