ライオンズクラブ国際協会337-C地区(佐賀・長崎両県82クラブ、3700人)を代表する大石隆敬ガバナー(71)と、杵藤地区6クラブの代表らが4日、鹿島市の樋口久俊市長を訪問し、サクラの苗木を贈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加