多久市観光協会は6日、同市の新たな名物を目指す「孔子らすく」を発売する。ほどよい甘さと軽い食感が特徴で、同協会の大嶋哲也事務局長は「おいしく出来上がったので、ぜひ一度食べてみて」と呼び掛けている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加