14日、ウィーンでインタビューに応じるIAEAのグロッシ事務局長(共同)

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は14日、日本政府が決めた東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出処分について、モニタリング(監視)などでIAEAが常時関与、放出前後を含め一連の作業の「中心的役割」を担う考えを示した。日本国内外の強い懸念解消も念頭に専門家を現地に派遣、放出前に自ら訪日する意向を表明した。共同通信のインタビューに応じた。

 原子力を専門とする国際機関の関与は、透明性確保の上で大きな意味を持つ。ただ、漁業関係者や韓国など周辺国の懸念は強く、払拭につながるかどうかは見通せない状況だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加