佐賀市の県立美術館で開催中の特撮テレビシリーズ「ウルトラマン」の55周年記念展に合わせ、スペシャルイベントが29日、同館美術館ホールで開かれる。2020年に放送された「ウルトラマンZ(ゼット)」内の登場人物・ヘビクラショウタがトークイベントに出演し、ウルトラマンゼットも登場する。

 イベントに登壇するヘビクラショウタは「ウルトラマンZ」内の対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」隊長。若いチームのまとめ役で、主人公のナツカワハルキに稽古をつけることもあった。佐賀県出身の俳優・青柳尊哉さんが演じた。

 時間は10時半、13時、15時の3回で、各回約30分間。開場は開演30分前。17~28日、展覧会場内の2次元コードを読み取り、届いたメールを専用窓口で提示すると入場券と引き換える。申し込みは1人1回まで、1回当たり4人まで。予約は各回定員に達し次第締め切る。当日は入場券のほか、受け付け完了メール画面と展覧会の入場券も必要。

 展覧会は5月9日まで(毎週月曜休館。祝日の場合は開館し、翌火曜休館)。観覧時間は9時半~18時(最終入場は17時)。入場料は高校生以上1500円、3歳以上800円。問い合わせは佐賀実行委員会イベント事務局、電話0952(23)9112。

このエントリーをはてなブックマークに追加