原子力規制委員会が14日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)に対し、事実上の運転禁止命令を正式に決定したことを受け、佐賀県原子力安全対策課は九州電力に対し「今回の問題を、玄海原発が安全かどうかをいま一度点検するきっかけにしてほしい」と求めた。玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長も「事業者として、東電のような失策がないようにしてほしい」と九電にくぎを刺した。

 脇山町長は柏崎刈羽原発の運転禁止命令に関し「規制委が東電の現状では運転能力がないと判断した。致し方ない」と受け止めた。その上で玄海原発の運転については「今回のことで影響はない」との認識を示した。県原子力安全対策課も「規制委で内容を精査して判断したもの」と述べた。

 九電は、核物質防護設備の不備といった同様の問題が起きていないことを確認していると説明した。東電の一連の問題を受け「地域の皆さまの安心安全を大きく損ねるもので、あってはならない。極めて重く受け止めている」とし、「気を引き締めて今後の原子力発電所の運営に取り組んでいく」とコメントした。(岩本大志、中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加