元気なダンスを見せたバトン部員=佐賀市の佐賀商高

迫力あるパフォーマンスで生徒たちを沸かせた書道部員=佐賀市の佐賀商高

 佐賀市の佐賀商高(牛島徹校長)で13日、バトン部と書道部が新入生を歓迎するパフォーマンスを中庭で披露した。青空の下で教室や廊下から声援を受けながら、はつらつとしたダンスと迫力ある書で1年生240人を歓迎した。

 バトン部の31人はアリアナ・グランデの「プロブレム」など3曲に合わせ、笑顔あふれるチアダンスを見せた。書道部の10人はりりしいはかま姿で現れ、大きな筆を振るって「飛躍」などの文字を完成させた。

 生徒たちは教室のベランダや廊下の窓越しにバトン部と書道部を応援し、手拍子をしたり部員らの名前を呼んだりしてパフォーマンスを盛り上げた。

 バトン部部長で商業科3年の山口紀香さんは「昨年はコロナ禍で思うように部活動ができない1年だった。今日はめっちゃ緊張したけど楽しかった」と話しつつ、「1年生にも高校生活を楽しんでほしい」とエールを送っていた。

 新入生へ歓迎のパフォーマンスを見せたのは昨年に続き2度目。12日は吹奏楽部がNiziUの「Make you happy」など3曲を演奏した。ダンスも交えて生徒たちを沸かせ、アンコールにも応えていた。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加