阿蘇山の南の入り口、熊本県西原村。東端の大切畑(おおぎりはた)地区は、熊本地震で多くの家屋が損壊しながら、住民の必死の救助活動で一人の犠牲者も出さず「奇跡の集落」とも呼ばれる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加