確定判決が命じた期限を過ぎても国営諫早湾干拓事業の開門調査をしていないとして、勝訴した漁業者側が国に制裁金を支払うよう求めた「間接強制」の決定で、佐賀地裁(波多江真史裁判長)は11日、開門までの猶予…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加