佐賀市教育委員会は13日、市立小学校で保管していた個人情報が記載されたファイル1冊、1学級分を紛失したと発表した。情報流出など二次被害は報告されていないと説明している。

 学校教育課によると、9日午後4時50分ごろ、2020年度の家庭調査票が入ったA4ファイル1冊が職員室のキャビネットにないことに男性教諭が気づいた。ファイルは男性教諭が20年度に担任をしていたクラスのもので、32人分が入っており、児童と保護者の氏名、住所、連絡先、自宅地図などが記載されていた。

 最後に確認されたのは3月23日で、男性教諭が職員室内で使用し、キャビネットに戻した。異動した教職員を含めて調査し、全員が「学校外に持ち出していない」と答えた。別の書類に紛れ込んだ可能性もあったため、全員の自宅も調べたが、見つからなかった。

 該当する学級の保護者には13日夜に説明し、謝罪した。学校教育課は「市内53の小中学校には、個人情報の取り扱いに関する厳重な注意と管理体制の徹底を要請した」と話した。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加