佐賀電算センターの田中進会長

 佐賀電算センター会長で佐賀新聞社監査役の田中進(たなか・すすむ)氏が13日午後4時3分、肺炎のため佐賀市内の病院で死去した。79歳。自宅は佐賀市高木瀬町長瀬1371の3。通夜は18日午後6時から、葬儀は19日午後1時から、佐賀市兵庫町藤木1115の北佐賀草苑で。喪主は妻佐代子(さよこ)さん。

 田中氏は佐賀高―佐賀学園佐賀経理専門学校卒。1968年税理士登録。64年に佐賀電算センターの前身である協立経営センターに転籍。75年の佐賀電算センター設立時に取締役専務となり、81年に代表取締役社長に就任した。2004年に代表取締役会長となり、14年から現職。85年から佐賀新聞社監査役を務めていた。

 佐賀電算センターの2代目社長として中小企業中心だった取引先を大企業や自治体などに広げ、IT産業の地位向上にも努めた。佐賀市税理士会会長や九州北部税理士会副会長などを歴任した。

このエントリーをはてなブックマークに追加