新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 九州電力は13日、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の請負会社で管理業務に従事する唐津市内の60代と20代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。接触の可能性があった11人を出勤待機にしている。

 九電によると、それぞれの家族が陽性と診断されたため検査し、感染が判明した。2人が勤務する請負会社は異なり、これまでにクラスター(感染者集団)が発生した請負会社などとも別と説明している。玄海原発3、4号機の運転などへの影響はないとしている。(岩本大志、花木芙美)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加