有田陶器市の中止について会見する陶器市委員会の深川祐次委員長(右)と松尾佳昭町長=西松浦郡有田町の大有田焼会館

 ゴールデンウイークに開かれる全国有数の焼き物市「有田陶器市」(西松浦郡有田町)を主催する有田商工会議所は13日、今年の陶器市を中止すると発表した。3月末に開催を決定していたが、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一転して断念した。陶器市の中止は2年連続で、オンライン販売の「Web有田陶器市」は4月29日から実施する。

 今年は感染防止策を徹底した上で規模を縮小し、開催することを3月30日の有田陶器市委員会で決めていた。しかし、新型コロナの感染が再び広がり、まん延防止等重点措置が東京都や大阪府などで適用されるなどしたため、有田商議所会頭で同委員会の深川祐次委員長や業界団体の代表らが13日、松尾佳昭町長と協議。松尾町長が中止を提案し、「中止はやむを得ない」という結論に至った。

 深川委員長は協議後の会見で「2年ぶりの開催へ業界を挙げて張り切っていた。全国的な感染拡大や町内で複数の感染者が確認されたことを考え、直前だが、中止を決定した。全国の焼き物ファンには申し訳ない」と説明した。

 陶器市を中止したことに伴い、既存店の営業については各店の判断としている。敷地や建物を借りての出店は、申請者に控えるよう要請する方針。

 「Web有田陶器市」は2年連続で、4月29日から5月5日まで実施する。昨年の129店を上回る162店が参加を予定している。今年は有田町による送料負担は行わない。

 有田陶器市は2019年には約450店舗が出店し、主催者発表で120万人以上が訪れた。(古賀真理子)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加