佐賀市は12日、災害発生時の食料・生活必需品の緊急調達などに関する協定を、ディスカウントストアを展開するミスターマックス・ホールディングス(本社・福岡市)と結んだと発表した。物資の迅速な供給が狙い。

 協定では、市が災害対策本部を設置し、物資調達の協力要請が必要になった場合、ミスターマックス・ホールディングスは「営業に支障がない範囲で、物資の優先供給に積極的に協力する」としている。食品や衣類、衛生用品などが対象で、代金は市が負担する。

 市は2005年以降、救援物資の供給などについて民間の事業所などと26の協定を結んでいる。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加