佐賀県議会の議会運営委員会は13日、臨時議会を20日から3日間の日程で開くことを決めた。正副議長の選出や各委員会の構成、委員選任といった議会人事のほか、5月28日に任期満了となる落合裕二教育長(61)を再任する人事議案を審議する。

 このほか、31億3100万円を本年度一般会計補正予算に追加した8日付の専決処分について、執行部から報告がある。内訳は、県民の県内旅行を対象に1人1泊当たり最大7千円分を支援する割引キャンペーン事業に30億1300万円、新型コロナウイルスの影響で困窮しているひとり親世帯を対象に子ども1人当たり一律5万円を支援する事業に1億1800万円。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加