「裁判所が国を断罪した」「司法の権威を守った」。福岡高裁が命じた国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門判決を守らない国に対し、佐賀地裁は11日、制裁金の支払いを命じる決定を下した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加