運動会の季節を前に、基山町の若基小(伊藤進校長・282人)で4日、熱中症予防講座があった。全校児童が参加し、こまめな水分補給や朝ご飯を欠かさず食べることで、熱中症の危険性を減らせることを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加