開門まで国に制裁金の支払いを命じた11日の佐賀地裁の決定について、古川康佐賀県知事と県有明海漁協の草場淳吉組合長は一定の評価を示し、今後、国に開門実現に向けた働きかけを強めていく考えを強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加